特定看護師の具体的な役割とは

看護師の種類には、正看護師と准看護師があることはよく知られている。
しかし、特定看護師という呼称がつけられた看護師はどのような役割を果たすことができるのか、ということはあまり知られていない。
特定看護師とは、従来の看護師よりも幅広い医療行為ができる看護師のことを指す。
幅広い医療行為については医師の包括的な指示のもとという決まりがあるが、これは予め患者への対応(処置や投薬など)に対し、医師の事前指示のもと一定範囲内で認められていることが前提となる。

特定の医療行為とは、動脈血ガス測定のための採血やエコーの実施、気管内挿管または抜管、深部には及ばない創部の切開、発熱や不眠等による薬剤の選択や使用、副作用の症状が改善した際の薬剤の変更や中止等、従来は医師がいなければ行えない医療行為のことを指す。
ここであげた医療行為はほんの一部であるが、高齢化社会へと進み在宅医療が増しケアすることを重視していく中、これらの枠組みは看護師の役割の拡大に繋がっている。

特定看護師になるには看護師の免許を持っていること、看護師として実務経験が一定期間以上あること、特定看護師の養成を目的とした大学院修士課程を修了したこと、修士課程後に第三者機関により評価を受けたこと、の全てを満たすべきとされている。
法律上特定看護師という資格はないが、特定行為に係る看護師の研修制度を修了した看護師のことを、略して特定看護師と呼称することは認められている。
患者を身近でケアしている看護師だからこそ、この役割の拡大は大きい。

<<参考資料⇒特定看護師徹底研究>>