看護師としてスキルアップできる資格とは

看護師としてスキルアップしたいのであれば、専門看護師や認定看護師、認定看護管理者の資格を取ることが有効だ。
専門看護師とは、特定の看護分野を看護系の大学院で学ぶことによって得られる資格である。
資格取得の条件は、5年以上の看護経験と看護系大学院の修士課程修了した上で、専門看護師認定審査に合格することだ。
専門看護師は、がんや慢性疾患、感染症など13の看護分野に分かれている。

認定看護師とは、臨床現場において卓越した看護技術で患者のケアを行うことができる看護師のことを指す。
認定看護師の資格取得には、5年以上の看護キャリアと615時間以上の認定看護師教育を修了する必要がある。
その条件をクリアした上で、認定看護師認定審査に合格しなければならない。
認定看護師の看護分野は、感染管理や糖尿病、乳がんや認知症など、21の看護分野に分かれている。

病院の副院長や看護部長などの看護師としての頂点を目指すのであれば、認定看護管理者の資格を取得することが有効だ。
認定看護管理者になれば、病院の管理者にとって必要な組織管理や経営などの知識を身に付けることができるためだ。
認定看護管理者の資格を取得するためには、5年以上の看護キャリアと510時間以上の認定看護管理者教育の修了、もしくは大学院で看護管理の単位を取得して修士号の取得する必要がある。
それらの条件をクリアした上で、認定看護管理者認定審査に合格しなければならない。