看護師の上手なキャリアプランの立て方とは

看護師として働きたいと考えているのであれば、しっかりとしたキャリアプランを立てることが大切だ。
そもそもキャリアプランとはどのようなものであるかというと、自分がこの職種でどのように成長していきたいかを計画することである。

看護師のキャリアプランにまず書くべきことは、学歴だ。
看護師になるには専門学校や短期大学、大学などを卒業する必要があるが、どの教育機関を卒業したかによって得られる知識や医療資格が異なる。
例えば看護大学を卒業すれば看護師と同時に保健師の受験資格が得られるので、仕事の幅を広げることができる。
このように看護師のキャリアプランは、学歴も重要な要素となっている。

学歴をまとめることができたら、次に短期目標と長期目標を立てることが大事だ。
患者の看護計画を立てる際に短期目標と長期目標を設定するが、それをキャリアプランにおいても設定するのである。
新人看護師の場合であれば、業務内容を覚えることが短期目標になるだろう。
この時の短期目標は「採血を上手くできるようになる」などの具体的なものでも構わないため、一つ一つの目標を着実にこなしていくようにすることが大事だ。
長期目標は3年後や6年後など、何年おきに区切って目標を立てると良い。
何年かおきに目標を設定してキャリアプランを立てれば、その目標に向けてどのような行動をとれば良いかが明確になり、どのように短期目標を立てたら良いのかがわかるようになるかためだ。